• 「平山郁夫 平和の祈り」展

    「平山郁夫 平和の祈り」展
  • すべての展覧会・イベント

    イベント終了2016/05/22

    第10回平山郁夫美術館賞絵画コンクール

    【募集期間】 平成28年 5 月23日(月)~ 9 月20日(火)

    平山先生は生前、「豊かな感性を育ててくれるのは、見る・読む・描く(書く)という実践しかありません。」とつねづね語っていらっしゃいました。豊かな感性は、将来どんな分野に進んでもきっと大きな力となります。平山郁夫美術館では、このような先生の考えを継承・実践するため、絵画コンクールを開催しています。本年も心に残った風景や、家族や親しい人たちの顔すばらしいふるさとの風景など3部門に分け、全国から作品を募集します。また風景部門では、「しまなみ海道」を描いた作品のなかで優秀な作品に「しまなみ特別賞」を、応募に熱心な学校には「学校賞」を設けています。ふるってのご応募をお待ちしております。

    【故・平山郁夫先生から】

    描きたいものをよく見て、味わいながら描いていってください。自然の中に美があり、美しい色やかたちは自然が教えてくれます。 よく観察することは、すべての学問の中心になることです。 頭の中で決めつけずに、素直な心で見たままを描くことを大事にしてほしいと思います。 そして、観察の中で感じたことを表現していってほしいと思います。

    【第10回を記念して】

    このコンクールは平成19年から始まり、今年で第10回になります。
    今年度の絵画コンクールでは第10回を記念し、大賞・優秀賞を対象に「平山郁夫スケッチポイントと瀬戸内の芸術をめぐる」1泊2日のバスツアーを開催いたします。


    【募集内容】

    絵日記部門
    ・応募資格/小学生全学年
    ・テーマ/1年間を通して体験したことなどを、文章と絵で表現してください。画面の中に文章をいれてください。

    風景部門
    ・応募資格/小学生全学年
    ・テーマ/自慢できるふるさとの風景(場所は自由です。)

    人物部門
    ・応募資格/未就学児・小学生
    ・テーマ/家族や親しい人の顔

     


    【作品規格】

    各部門とも四つ切りサイズ (38×54cm)の画用紙。縦横自由。画材は色鉛筆・水彩絵具・クレヨンなど自由。

    【募集期間】

    平成28年 5 月23日(月)~ 9 月20日(火)

    【出品料・点数】

    出品料は無料です。1人各部門1点までとします。
    (複数の部門への出品は可能です。)

     


    【賞】

    大賞(平山郁夫美術館賞)
    ・各部門1点 計3人
    ・副賞 ◇金メダル(平山郁夫先生デザイン)◇絵はがき(受賞作品でお作りします) ◆第10回記念・1泊2日「平山郁夫スケッチポイントと瀬戸内の芸術めぐり」
    ◇記念品

    優秀賞
    ・各部門10点、計30点
    ・副賞 ◇銀メダル(平山郁夫先生デザイン)◇絵はがき(受賞作品でお作りします)
    ◆第10回記念・1泊2日「平山郁夫スケッチポイントと瀬戸内の芸術めぐり」
    ◇記念品

    佳作
    ・各部門 20点 ・副賞 ◇銅メダル(平山郁夫先生デザイン)
    ◇記念品

    入選
    80点 ・副賞 ◇記念品

    学校賞
    応募数・入賞者数によって決定します。

    しまなみ特別賞
    「しまなみ海道」を描いた作品から上位3点・副賞◇青銅メダル(平山郁夫先生デザイン)◇多々羅大橋主塔(高さ226m)登頂ツアー◇記念品


     

    • ※上位入賞作品は、中国新聞紙上に掲載いたします。
      (掲載のお名前は常用漢字になる場合があります。)
    • ※入賞点数については、各部門の応募数によって変更となる場合があります。

     

    【審 査】

    審査は部門ごとに行います。
    ・審査 10月中

    • ■審査員長 田渕俊夫(日本画家・東京芸術大学名誉教授)
    • ■他審査員 吉原慎介(日本画家・尾道市立大学教授)、小田野尚之(日本画家・尾道市立大学教授)、中村 譲(日本画家・尾道市立大学准教授)

     

    【応募方法】

    ・画用紙の裏面に応募票を貼付の上、平山郁夫美術館までお送りください。学校単位でまとめていただいても、個人で出していただいてもかまいません。
    ・応募票A・B(当館ホームページからもダウンロードできます。)に必要事項を記入し、作品の所定位置に所定の方法で貼付してください。応募票A・Bは切り離さず、Aの部分だけを剥がれないようにのり付けし、Bは画用紙に貼り付けない状態にしてください。
    ・応募票に記入漏れのある場合は、受付できない場合があります。(学年・年齢は両方必ず記入してください)
    ・堅紙などを当て、 折り曲げたり丸めたりしない状態で提出してください。
    ・作品は完全に乾燥させてください。

    応募要項
    応募者名簿 (学校・団体でのご応募はこちらもお使いください。)

    • 応募作品は、展示、広報、報道、広告等一般に使用、掲載されることを承諾するものとします。
    • 応募作品は返却いたしません。

    【結果発表】

    審査結果は11月上旬、受賞者にのみ文書で通知します。個人応募は受賞者本人へ、団体応募は取りまとめくださった学校・団体あての通知となります。審査についての個別の問い合わせには対応できませんのでご了承ください。

     

    【表彰式】

    2016年11月20日(日)、尾道市瀬戸田町ベル・カントホールでの開催を予定しています。 なお、表彰式における会場までの旅費は各自の負担となります。

     

    【作品展示】

    入賞された作品を展示します。(展示場所/尾道市・今治市・しまなみ海道の各施設など11月~3月頃予定)

     

    ご応募・お問い合せ先

    平山郁夫美術館
    〒722-2413 広島県尾道市瀬戸田町沢200-2

    ℡:0845-27-3800
    E-meil:info.web@hirayama-museum.or.jp

    ^