• 「平山郁夫 平和の祈り」展

    「平山郁夫 平和の祈り」展
  • すべての展覧会・イベント

    展覧会開催中2016/12/14

    「平山郁夫の原点 瀬戸内とシルクロード」展 12/17~3/17

    平成28年12月17日(土)~平成29年3月17日(金)

    〈会期中無休〉

    瀬戸内とシルクロードは、平山郁夫の生涯にわたって重要なテーマでした。故郷・瀬戸内は、幼い頃の感性を育んだ場所であり、シルクロードは、日本画家としての成功の道を切り開いた場所でした。

    本展覧会では、日本文化の源流-シルクロードと平山郁夫の原風景-瀬戸内を中心に平山郁夫が描いた世界を展示します。

    主催
    公益財団法人平山郁夫美術館

    後援
    広島県、広島県教育委員会、公益財団法人ひろしま文化振興財団、尾道市、尾道市教育委員会

    会場
    平山郁夫美術館(広島県尾道市瀬戸田町沢200-2)

    展示構成
    本展覧会は3つの展示室にて開催します。
    第1展示室「平山郁夫の歩み」
    第2展示室「平山郁夫の原点 瀬戸内・しまなみ海道」
    第3展示室「平山郁夫の原点 シルクロード」

    入館料金

    一般900円、高大学生400円、小中学生200円

    開館時間
    午前9時~午後5時(入館は4時30分まで)

     

     


     

     

    2000_天かける白い橋 瀬戸内しまなみ海道.小

    天かける白い橋  瀬戸内しまなみ海道

    平成12年 第85回院展

    2001_絲綢の路 パミール高原を行く

    絲綢の路 パミール高原を行く

    平成13年 第86回院展

    絲綢の路(シルクロード)は、言葉の持つ美しい響きとは異なり、厳しい道である。私は前年、懸案だった薬師寺玄奘三蔵院の壁画を完成している。荒涼とした岩山を行く隊商に、薬師寺以後、さらに大きな目標を定め、歩もうとする自分の決意を重ねあわせて描いた。

    平山郁夫「信念の道程」

     

    群畜穹閭(画像)

    群畜穹閭

     昭和48年 第58回院展

    シリアのアレッポのバザールは国際的に名高い。ここの家畜市場を訪れた。人や動物の体臭、騒音と熱気。加わるにアラブ特有の羊料理の臭気。羊、山羊、牛など時に一万頭以上が集まるという大市場の雰囲気を再現しようとした作品である。

    平山郁夫「信念の道程」

     

     

    求法高僧東帰図

    求法高僧東帰図

    昭和39年 第6回現代日本美術展

    天竺への道を、玄奘や法顕のように多くの求法僧が目指した。求法僧の中には、道に迷ったり、病に倒れたり、あるいは盗賊に襲われたり、多くの旅人と同様に、途中で倒れ、目的を成就できなかった人も多い。

    この図は、求法を終えて、中国へ東に向って帰る砂漠を行く集団の僧たちであるが、天竺への求法の旅を果たした僧たちがたどったその姿を象徴的に描いたものである。

    平山郁夫

     

     

    ^