平山郁夫について

平山郁夫の歩み

01. 中学入学・原爆被爆

修道中学で寄宿生活をおくっていた頃 寮生と
中央(1943年)

平山郁夫は1943年(昭和18)3月、瀬戸田国民学校を卒業後、広島市内の私立修道中学校に進学しました。太平洋戦争の戦時体制下でもあり、寄宿舎の食生活の貧しさから体調を崩して、2年生の夏休み明けに下宿住まいを始めました。孤独と空腹をまぎらすために絵を描くのが唯一の楽しみでした。
1944年には学徒勤労動員方策が定まり、病弱な体をおして自ら志願して働いていましたが、翌1945年7月からは広島市霞にあった広島陸軍兵器補給廠(現在の広島大学医学部)に通っていました。

8月6日は、補給廠から少し離れた渕崎(現在の仁保町)にあった補給廠の材木置き場での作業でしたが、午前8時の点呼のあと、平山郁夫は作業小屋の外で一人、晴れた空を眺めていました。

純白の落下傘に気づき仲間に報せに小屋に入る、と同時に背後から大閃光に包まれました。原子爆弾の投下でした。爆心から4キロ弱の地点でしたが、一度爆心から2キロ弱の寄宿先に戻ったり、比治山橋のたもとまで様子を見に行くなどした後、地獄絵さながらの広島を逃れて生家に向かい、翌朝帰りつくことができました。
15歳の中学生が受けた、生涯、心と身体にのこる体験であり、後に作品《仏教伝来》を始めとする仏伝とシルクロード連作へ続く画業の原点となりました。被爆したときも肌身離さず持っていた中学生時代の作品は、平山郁夫美術館でみることができます。

被爆後、体調を崩してしばらく寝込んだこともあり、終戦後の11月、三原近郊の広島県立忠海中学校へ転校しました。

修道中学2年のとき、一家で記念撮影。
後列右端(1944年)

写生帳。
中学生の頃のもの

写生帳2。
中学生の頃のもの

臥せっていた父へあてた見舞いの手紙

修道中学で寄宿生活を送っていた頃、寮生と。中央(1943年)

平山郁夫が通った広島陸軍兵器補給廠跡

被爆から34年後に初めて訪れた原爆ドーム

忠海中学校(1945年11月に転校)の同窓生と。
前列右から平山郁夫、井上竜山、高橋玄洋

  • しまなみ海道五十三次
  • オンラインショップ
  • ティーラウンジ

^