Skip to content
日本語
English
中文
한글
オンラインショップアクセス
平山郁夫美術館のご案内
入場料・開館時間など

10名以上の団体は入場料1割引
詳細は下記よりご覧ください。

詳細
所要時間

40~60分

ガイド(館内開設)

館長あるいは専門員によるガイド(15分程度)
※お電話にてご相談ください。

バス駐車場

大型バス・乗用車/無料駐車場
(距離100m/徒歩2分)
別紙をご覧ください。

周辺食べ歩きMAP
館内のご案内
フロアマップ

ハイビジョン室では「映像で見る平山郁夫の世界」を鑑賞できます。
10分程度の番組を上映しております。

平山郁夫について
平山郁夫

昭和5年(1930)6月15日、広島県瀬戸田町(現・尾道市)生まれ東京美術学校日本画科卒業。
弱冠34歳で日本美術院同人となり、シルクロードの旅から生まれた長大な叙事詩のような作品を生み出し、多くの後進の視野を世界へと導いた。その作品は日本画の最高峰として親しまれ続けている。

略歴

昭和63(1988)年‐

ユネスコ親善大使

平成元(1989)年 ‐
平成7(1995)年

東京藝術大学学長

平成8(1996)年‐

日本美術院理事長

平成10(1998)年

文化勲章受章

平成13(2001)年 ‐
平成17(2005)年

東京藝術大学学長(再任)

平成21(2009)年12月2日

永眠(満79歳)

平山郁夫美術館について
外観

平山郁夫の生地である生口島にあり、生い立ちや貴重な少年時代の絵画作品・絵日記、大下図等の資料とともに平山郁夫の作品を展示している。
建築は両国国技館等を設計した今里隆。
日本庭園は国立劇場庭園等を手がけた中島健。

トップへ戻る