• 【開催中】「瞬間の美・生命の美」展 3/20~6/2

    【開催中】「瞬間の美・生命の美」展 3/20~6/2
  • すべての展覧会・イベント

    イベント受付中2021/10/14

    マイ・ハート弦楽四重奏団ひろしまin瀬戸田

    令和3年11月6日(土)

     

    ♦2021 平山郁夫美術館コンサート♦

    マイ・ハート弦楽四重奏団ひろしま in 瀬戸田

    mh-61

    【日 時】 令和3年11月6日(土)
    【会 場】 平山郁夫美術館 第3展示室
    【チケット】一般…2、000円 ペア…3,800円 小中学生以下無料
    【チケット予約・販売場所・お問い合わせ】平山郁夫美術館 TEL 0845-27-3800


    ◆マイ・ハート弦楽四重奏団ひろしま◆

    ヴィオラ奏者の沖田孝司が中心となり結成された弦楽四重奏団。本拠地は広島。1995年より、ひとりひとりの心・想いを環(つな)ごうという「マイ・ハート・コンサート」を開始し、現在までに広島県内全23市町、県外11都府県20市町にて開催と「マイ・ハート」の波が徐々に拡大しており、それぞれが多方面で活躍中の腕達者な気の置けない仲間である。現在の活動としては年間約20回に及ぶコンサートに出演。結成10周年という一つの節目として2006年には「マイ・ハート弦楽四重奏10th.Anniversary」と題し、東京・京都・西宮・広島・三次にて記念コンサートを開催し好評を博す。これまでに、ベートーヴェン・ドヴォルザークを収録したデビューアルバム、モーツァルト・シューベルトを収録したセカンドアルバム、マイ・ハート弦楽四重奏団と藤井由美〈ピアノ〉の共演により大澤壽人作品を収録した「大澤壽人の室内楽」、及び、ドヴォルザーク・コルンゴルトのピアノ五重奏曲を収録した「ピアノ五重奏」(「TYLサポート・プログラム」対象CD)、マイ・ハート弦楽四重奏団を中心に結成されたマイ・ハート室内オーケストラにより、ヴィヴァルディ・バッハを収録したデビューアルバム、ベートーヴェン・コルンゴルト(日本初録音)の弦楽四重奏曲を収録した「ウィーンの風」、マイ・ハート弦楽八重奏団(マイ・ハート弦楽四重奏団+仲間たち)により、メンデルスゾーン・エネスク(日本初録音)の弦楽八重奏曲を収録した「Octet」、そして2016年7月、シューベルトとラヴェルを収録した結成20周年記念アルバム「The My Heart」(「レコード芸術」2016年10月号新譜月評にて「準特選」選出)リリースに至る。また、2007年11月に開始した、広島県内全23市町を30コンサートで巡る“マイ・ハート「1ノート・1コイン」コンサート”は2013年10月で完結。2015年10月、広島市にて結成・活動開始20年記念コンサートを開催し、2016年には記念アルバムリリースとともに、東京・名古屋・京都・広島・岡山にて記念コンサートを開催。2018年3月、本拠地である広島市より、沖田孝司(ヴィオラ)が広島市特任大使「ひろしま文化大使」委嘱を受け就任し、「マイ・ハート弦楽四重奏団ひろしま」に改名。2019年1月、第9弾CDマイ・ハート弦楽四重奏団ひろしま「What is a String Quartet?」をリリースするとともに、2巡目となる広島県内全23市町縦断コンサート“マイ・ハート・コンサート「ひろしま」”を三次市より開始。同年6月、日本国内全47都道府県縦断コンサート「We love the EARTH from HIROSHIMA」を広島(広島)・京都(京都)・愛知(名古屋)・東京より開始。2020年、結成25周年にあたり、「ラストスパートの10年」(until 2029)を宣言。自分たちの「言葉」で、自分たちの「音楽」を奏でる稀少な弦楽四重奏団であり、広島のみならず日本国内外において2029年までの動向・活躍が多いに期待されている。


    ◆ファーストヴァイオリン  辻井 淳(つじいじゅん)

    1959年生まれ。東京芸術大学附属高校を経て、東京芸術大学を卒業。ドイツ国立シュトゥットガルト音楽大学留学。元京都市交響楽団コンサートマスター。第50回日本音楽コンクールヴァイオリン部門第2位。ヴァイオリンを久保田良作、亀山絹子、山岡耕筰、 田中千香士、ヴォルフガング・ミュラーの各氏に師事。2019年度第39回藤堂音楽賞(京都)を受賞。

     

    ◆セカンドヴァイオリン  釋 伸司(しゃくしんじ)

    1959年生まれ。京都市立芸術大学卒業。元テレマン室内管弦楽団コンサートマスター。ヴァイオリンを吉村淑子、亀田美佐子、岩淵龍太郎、徳永二男、ゲルハルト・ボッセ、サイモン・スタンデージの各氏に師事。

     

    ◆ヴィオラ  沖田孝司(おきたたかし)

    1958年生まれ。東京音楽大学、ドイツ国立デトモルト音楽大学卒業。元ドルトムント市立フィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)団員。ヴィオラを今井信子、田中あや、キム・カシュカシアン、トーマス・リーブル、ライナー・モーク、ルーカス・ダヴィッドの各氏に師事。「マイ・ハート・コンサート」代表。法務省令和元年度「人権擁護功労賞」最高位「法務大臣表彰」を拝受。

     

    ◆チェロ  雨田一孝(あまだかずたか)

    1959年生まれ。京都市立堀川高校音楽科(現京都市立音楽高校)を経て、京都市立芸術大学を卒業。1994年度青山音楽賞(京都)、2018年度第37回藤堂音楽賞(京都)受賞。チェロを故黒沼俊夫、上村昇、林俊昭、五味尚子の各氏に師事。

     


    ◆プログラム (予定)◆

     

    ①山田耕筰(1986~1964):赤とんぼ

    ②ヴィヴァルディ(1678~1741):ヴァイオリン協奏曲集「四季」より「冬」

    第2楽章 ラルゴ

    ③モーツァルト(1756~1791):弦楽四重奏曲第17番変ロ長調K.458「狩」

    第1楽章 アレグロ・ヴィヴァーチェ・アッサイ

    第2楽章 メヌエット、モデラート – トリオ

    第3楽章 アダージョ

    第4楽章 アレグロ・アッサイ

     

    休憩

     

    ④ドヴォルザーク(1841~1904):弦楽四重奏曲第12番ヘ長調「アメリカ」

    第1楽章 アレグロ・マ・ノン・トロッポ

    第2楽章 レント

    第3楽章 モルト・ヴィヴァーチェ

    第4楽章 フィナーレ:ヴィヴァーチェ、マ・ノン・トロッポ

    ⑤レノン(1940~1980)=マッカートニー(1942~):イエスタデイ

    ⑥ハッピー・バースデイ・バリエーション

    ⑦モノー:(1903~1961)    :愛の讃歌

     

     

    ^