• 「平山郁夫の原点 瀬戸内とシルクロード」展

    「平山郁夫の原点 瀬戸内とシルクロード」展
  • すべての展覧会・イベント

    展覧会終了2016/10/07

    「平山郁夫が描く シルクロード・日本の街道」展 10/8~12/16

    平成28年10月8日(土)~12月16日(金)

    〈会期中無休〉

    平山郁夫にとって、道は都市と都市を繋ぎ、文化や宗教の交流・交易のための重要な要素であると同時に、平和だからこそ人々が行き交うことができると考え、平和の祈りを込めて作品を描いてきました。本展覧会では、日本に文化を伝えてきた道・シルクロードと地域ごとに特色を見せる日本の街道に焦点を当て、紹介します。

    主催・・・公益財団法人平山郁夫美術館 中国新聞備後本社

    後援・・・広島県、広島県教育委員会、公益財団法人ひろしま文化振興財団、尾道市、尾道市教育委員会

    会場・・・平山郁夫美術館(広島県尾道市瀬戸田町沢200-2)

    展示構成
    本展覧会は3つの展示室にて開催します。
    第1展示室「平山郁夫の歩み」
    第2展示室「平山郁夫が描く 日本の街道」
    第3展示室「平山郁夫が描く シルクロード等」

    入館料金

    一般900円、高大学生400円、小中学生200円

     

     


    2005_楼蘭の遺跡を行く日

    楼蘭遺跡を行く・日

    平成17年 第90回院展

    2005_楼蘭の遺跡を行く月

    楼蘭遺跡を行く・月

    平成17年 第90回院展

    シルクロードは「絹の道」という優雅な名称とは異なり、大変厳しい道である。私は長大なシルクロードの中でも、砂漠地帯に心ひかれるものを覚える。そして、そこを歩むキャラバンに人生をみるのだ。重い荷を背負ったラクダの群れを統率し、昼夜の寒暖の差の激しい砂漠を歩むことは難儀で、人生そのものである。

    平山郁夫

    ^