メイン コンテンツにスキップ

「古都を描く」展 2021/10/1~2022/3/18

日本文化の源流を求めてシルクロードを旅しつづけた平山は、ライフワークであった薬師寺玄奘三蔵院の大唐西域壁画を描き終えた後に、日本の古都である京都に目を向けました。 平山が現代の姿で洛中洛外を…

2021年11月13日

「瞬間の美・生命の美」展 3/20~9/30

平山郁夫は昭和34(1959)年の東京藝術大学の副手として勤務していたときに、学生を引率して奥入瀬や八甲田山などを巡りました。当時は被爆による後遺症で体調も思わしくなく、また創作上の不振など…

2021年11月13日

平山郁夫が描く 灼熱のシルクロード、日本の緑

展覧会リーフレット 平山郁夫画伯はシルクロードでの取材を続けるなかで次のように述べました。「過酷な自然環境に耐えながら、生活を切り開いてきた大陸の文化とは違い、日本人は古代から自然と調和する…

2021年11月13日
トップへ戻る